ファインピッチLEDスクリーン\ 's Common CathodeTechnology

 ファインピッチLEDスクリーン' s一般的なカソード技術 

2019年は、小さなピッチのLEDスクリーンの大きな発展の年です。今年、私たちは多くの最先端技術を見てきました。新世代のCOB、TOPCOB、MiniLED、MicorLED、特にフリップチップと一般的な陰の出現は、LED技術の将来の発展の方向性を示しているようです。量産前のフリップチップの革新的な技術と比較して、コモンイン技術はより接地されており、近年この市場に技術的改善をもたらすことができる着陸技術でもあります。それでは、一般的な陰陽技術とは何ですか?この技術の利点は何ですか?


 の極性の原理ファインピッチLEDスクリーン' s一般的なカソード技術 

正と負です。共通アノードは、ダイオードの正極を一緒に接続し、負極によってそれらを駆動することです。次に、共通陰極はダイオードの負極を接続し、正極で駆動します。 LEDの1つのLEDが赤、緑、青のLEDで構成されていることは誰もが知っています。これらのダイオードは、非常に高いターンオンおよびターンオフ周波数で独自の駆動回路でダイオードを照らし、このようにして赤、緑と青の3色が互いに混合されて、自然界のさまざまな色を表示します。共通陰極技術は、電源駆動方式の一種です。簡単に言えば、回路設計では3つのカラーダイオードが1つのカソード(負電極)を共有し、アノード(正電極)にはLEDの電源を制御する制御回路が備わっているため、"と呼ばれます。共通カソード" 。

対照的に、それはまだ"です。共通の陽"主流技術の技術。なぜ一般的なカソード技術は 多くの利点をもたらしますか?まず、次の回路図を見てみましょう。

ファインピッチLEDスクリーン\ 's Common CathodeTechnology


図からわかるように、ダイオードのアノードは元々一緒に接続されて電力を均一に供給するため、並列回路の最高電圧ダイオードの要件を満たす必要があり、分圧抵抗のみを追加することができます低電圧要件のダイオード、および分圧抵抗器が電力と熱を生成します。共通カソードを使用した後、ダイオードのさまざまな電圧要件に応じてさまざまな電圧を直接供給することができるため、分圧抵抗を構成する必要はありません。

 の利点ファインピッチLEDスクリーン' s一般的なカソード技術 

LEDランプビーズの動作電圧は4.2-5Vから2.8-3.3Vに下げることができますが、ディスプレイの輝度とディスプレイ効果は影響を受けません。この1V電圧の低下は、多くの利点をもたらします。

最も直接的なパフォーマンスは、消費電力が25%以上削減されることです。分圧抵抗を追加する必要があるため、このような省エネを実現することは困難です。

第二に、消費電力の削減により、画面全体の画面温度が低下します。 LEDの安定性と寿命は温度に反比例するため、フルカラースクリーンLEDは信頼性が高く、寿命が長くなります。

最後に、 ファインピッチLEDスクリーン' s一般的なカソード技術 は、過剰な抵抗を排除することで統合をさらに改善し、PCBのコンポーネントの数を減らし、安定性をさらに改善しました。

ファインピッチLEDスクリーン\ 's Common CathodeTechnology

ファインピッチLEDスクリーン\ 's Common CathodeTechnology

 

このポストを共有する:

私たちにメールを送って

作業時間 :
8:00-20:00(北京時間)
Fax :
13430820213
電話 :
13430820213(労働時間)
電子メール :
sales@forever3-led.com
工場の住所 :
3階、複雑な建物、JiaTeLiハイテクパーク、Shiyan、Bao \ 'an District、深セン
contact us